<フェライト磁石>

資源的に豊富で安価な酸化鉄を主原料とし、大量生産に適した磁石。コストパフォーマンスに優れている為、生産量も多く、音響機器・電装用モータ等、多方面で使用されている。

取扱商品へ
取扱商品へ
NEOMAX ネオジウム・鉄・ボロン磁石
ネオジウム系ボンド磁石
アルニコ磁石
鉄・クロム・コバルト磁石
フェライト磁石
ようこそ日本特殊金属株式会社のホームページへ
マグネット

NEOMAXと同様、ネオジウムで代表される希土類元素・鉄・ボロンを主成分とした磁石粉末を用いたボンド磁石。磁気特性はNEOMAXに及ばないが、焼結法では作りにくい寸法・形状でも可能。等方性ボンド磁石とさらに高特性の異方性ボンド磁石があり、各種の成形法(圧縮成形、射出成形、押出成形)で多様なユーザーニーズに応えている。

<ネオジウム系ボンド磁石>

鉄・ニッケル・コバルト・アルミニウムなどを主成分とする磁石で、主に鋳造によって製造され磁気特性の温度変化が非常に小さいのが特徴で、計器など高熱安定性が要求される機器に使用される。

<アルニコ磁石>

鉄・クロム・コバルトを主成分とする磁石。アルニコ磁石とよく似た磁気特性を備えているが、圧延や伸線といった塑性加工が可能な点が特徴。他の磁石では製造しにくい為、小型で複雑な形状が要求される分野で活用。また、コバルトの含有量がアルニコ磁石より少なく、省資源型の磁石である。

<鉄・クロム・コバルト磁石>

<ネオジウム・鉄・ボロン磁石>

NEOMAX

NEOMAXは、ネオジウムで代表される希土類元素、鉄、ボロンを主成分とする永久磁石の中でも最も強力・高性能で、小型化が進む電子機器の重要な役割を担っている。

Copyright(C) 2006 Japan special metals Co., Ltd. All Rights Reserved.